<   2005年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

YONO!!!

荒川を越え「与野」の大地を踏みしめました。

初の遠征です。何のかは、秘密。

しかし、そこは代々、ヤンキーが長(オサ)を勤める地域ということで
たいへん緊張したのですが、みんなあっとホームで
いいトコロだと実感しました。

ゴッドファーザーはいぶし銀のシブさで、女将は、肝っ玉。

女子は、老いも若きも皆美人で、ひさびさに
テンション高くなりにけり。

今後は、与野の方々をピックアップしてまいる決意です。

あと、プライドのアリーナ帰りの地元の仲間に
帰りの電車で遭遇。

大埼玉は、今宵、アツかったようです。

VIVA ! SAITAMA!

[PR]
by MEGANEQUN | 2005-02-21 00:22

頭突き!川越ッ!パッチギ!

ルノアール兄弟、上田博士(映画通)へ、トラックバック!

ついにキタましたああ!
邦画「GO」をはるかに上回る青春映画!

イムジン川オブジョイトイ(失礼)

京都出身のみうらじゅん(アイデン&ティティ)は、
はやくも今年の映画NO.1に決定を宣言。

在日朝鮮人に恋をし、放送禁止歌謡を熱唱する日本人と
ロクでなしブルースな朝鮮高校の不良君たちの
サイコーな友情と恋。

NHKの朝の連ドラでは、まずできないようなネタを
全国レベルなエンターテイメントまで引き上げた
監督と脚本と俳優たち。はっきり言って超イイです。

ぼくが劇場でみた前から参列目の人は、たぶん
半分以上、泣いて&大笑いしてました。

映画「青い春」が好きな不良系ニーチャンもぜひ。

ちなみに終始号泣してた僕が
一番ぐわ〜〜んと効いたシーンは
最後のラジオ局での大友康平氏の演技&セリフ。

「唄っちゃいけない歌なんて、この世にはねーンだヨ!」
そのあと、上司をボコボコにしばく!

“表現”に関する仕事についてる人、全てが考えさせられる
この作品の大きなテーマであります。

9.11テロ直後のアメリカで、
テレビで、一時ジョン・レノンの「イマジン」を
放送自粛をしたコトを思い出しました。

あー、また観にいこ

(追伸)ルノアール兄弟、ついにAVデビューかあ!!すげえ!
[PR]
by MEGANEQUN | 2005-02-15 02:10